スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこしずつ

アザーンが隣の家の屋根のスピーカーから割れ気味の大音量で流れています。音がこっちに直撃してるんですが、声とメロディーがとてもいいので、心地いいです。

滞在して5日経ち、めっちゃ少しづつですが、カイロに慣れてきました。
全然アラビア語が分らないので、苦労していますが、どうしても伝えたい言葉から覚えてます。

昨日は夜にフェイサルに帰ってくると、超巨大な特設テント(というより、アーケード?)のような感じのところから爆音で音楽が聞こえるので、のぞいてみるとパーティをやっていました。奥にステージがあって、そこからずっとこっちに向かって丸テーブルにイス5脚位というセットが30以上はあったかな~。とにかく人がたくさんいて盛り上がっていました。僕が立って見ていると、「座り~。」とイスを出してくれたりしてすごく親切です。ただ、アラビア語が分らないから身振り手振りでしかコミュニケションを取れないので、「これは...何のパーティーなの?」という質問がようやく伝わっても、向こうがなんて答えてるのかが分らず、また一苦労。すると、「ラブ、ラブ!」と言ってくれたので、結婚パーティだったのかもしれないです。奥のステージには、20人ぐらい乗っかって演奏していました。たくさんの太鼓にえげつないシンセが絡み、まくし立てるような歌が割れまくった音で乗っかった感じ。それを、延々とやっては休み、みたいな事をずっとやってました。
たまにイスから立って踊ってる女の人がいて、それがまた素敵でした。

一夜明けて、今日の昼間、昨日一緒だったおっちゃんとか兄ちゃんに近所の定食屋さんで会って「おお~。」となったれど、言葉が通じないので笑顔で「うん、うん」みたいな感じ。ちなみに向こうはお構い無しにアラビア語で話してきてます。
帰るまでにはもうちょっと何とかしたいなあ、、、。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshikioud

Author:yoshikioud
・・・・・・・・
加藤吉樹

ウード奏者

アラブ特有の即興演奏(タカシーム)に魅せられ、ウードをはじめる。 日本で常味裕司氏に師事。カイロにてDr.Khairy Amer、Hesham Essam氏に師事。またイラク人ウード奏者Naseer Shamma氏の主宰するウードハウスで学ぶ。
2013年〜2015年にオペラハウスシネマセンター、Helwan大学、などエジプト各地やモロッコでも公演を行う。
「奥の音」と題してソロウードのライブを大阪市のカフェ futuroで定期開催。「しんきちさん」、「セントヒトヨ」、「Rusva」他、多数のユニット、ソロで活動している。

facebookでも近況が見れます→こちらをクリック!
.
.

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。